かわい歯科クリニックの基本的考え方

医療法人かわい歯科クリニック院長

ごあいさつ

はじめまして。医療法人かわい歯科クリニック院長の河合です。

当クリニックでは一貫して、お口とからだの関係に着目し、患者さんがどのようにすれば、健康的な生活が営めるようにお口の治療を心がけています。

歯のことだけでなく、健康に関することは何でも聞いてください。口や歯が関係する”からだの健康”については有益な情報をできるだけご提供させていただきたいと思っています。

当クリニックのスタッフも同じ考えをもっており、皆さんに健康になってもらいたい者ばかりです。どうぞ、遠慮なく、スタッフにもご相談ください。

略歴

1984年 大阪大学歯学部卒業、歯科医師免許取得
1988年 大阪大学歯学臨床系研究科修了、歯学博士授与
1988~01年 大阪大学歯学部、歯学部附属病院勤務
1991~93年 米国アラバマ大学にて歯科材料学研究
2001年 大阪府守口市にかわい歯科クリニック開業

治療の特徴

 大学病院勤務時代は歯科材料学、特に歯冠色材料であるセラミックスやレジン(歯科用プラスチック)を中心に臨床・研究をしておりましたので、審美的治療を専門的におこなってまいりました。
とりわけ、大学病院勤務時代は歯の保存を専門とする講座に所属しておりましたこともあり、現在も歯を抜かない・歯を削らない治療を治療の根幹にすえて治療しています。
その延長上として、歯並びや噛み合わせ治療である矯正治療もできるだけ歯を抜かないで、よく噛めるようになるという機能回復をこころがけています。
インプラントや義歯も、まずは歯を抜かないよう、また、残った歯ができるだけ長持ちするような治療を選択しています。

 一方で、病気になってからの治療ばかりしていてよいのかという疑問が数年前よりでてまいりました。実際どんなに丁寧に治療しても、手入れが悪いと、また悪くなってしまう患者さんを多くみていますと、治療の限界を痛感させられてしまいました。患者さんに、どうすれば大切な歯を長く問題なく使ってもらえるか?このためには患者さんに、病気予防の考え方の徹底とその実践でした。
歯医者には治療で通うのではなく、定期的に病気発生予防のため来院してもらうことでした。
最近では代替医療の考え方・手法を取り入れ、さらに健康へのアドバイスをさせていただくことでますます効果をあげています。

より良い歯からより健康な身体を獲得していただき、その結果よりよき人生を送っていただきたいことをスローガンに患者さんに接していきたいと考えています。

ページの先頭へ戻る