無痛歯科治療

無痛治療

私も子どものころ、「歯科医院=痛くてこわい」というイメージをずっと持っていました。そのイメージは、今のお子さんも大人の方も変わらないと思います。一度痛い思いをしたところには二度と行きたくないですし、「行かなくちゃと思っても、こわいから行けない」という方も多いのではないでしょうか。

今ではずいぶん技術が進歩して、できるだけ痛くない治療ができるようになってきました。
無痛治療と総称していますが、歯にも神経がありますので、まったく痛くないとは言い切れません――ということをお断りしておきます。しかし、無痛治療をするのとしないのとでは、まったく違うと思います。「歯科治療は痛い」というストレスが、かなり軽減するのではないでしょうか。

多くの患者さんは、麻酔が痛いとか、麻酔が嫌いだとおっしゃられますので、当院では特に、痛くない麻酔を目指しています。

1 表面麻酔を使います

まず、麻酔を打つ部分に表面麻酔を塗りますので、麻酔の針をさすときの痛みの感覚がほとんどないと思います(必要な場合)。

2 麻酔液を人肌に温めます

麻酔液が注射するときに、体温より温かすぎたり冷たすぎたりすると、麻酔液が入ってきたことを体が敏感に感じて、それが痛みにつながってしまいます。当院では、体温に近い人肌くらいの温度に麻酔液を温めてから注射しています。(もちろん、温めても麻酔液の品質に変化はありません。)

3 細い注射針を使います

太い針よりも、細い針のほうが痛みを感じにくいというのはイメージしていただけると思います。当院では、麻酔が痛くないように非常に細い注射針を使用しています。

4 ゆっくり麻酔液を入れます

急いで麻酔液を注射してしまうと、痛みを感じたり、体調が悪くなってしまう場合もあります。当院では、コンピュータによる自動制御で、痛みを感じにくいスピードで注射しますので、感じる痛みがかなり少ないと思います。

電動麻酔器 電動麻酔器 コンピュータ制御の麻酔器 コンピュータ制御の麻酔器

5 麻酔が効くまで待ちます

麻酔を行なってからすぐに治療を始めてしまいますと、麻酔がきちんと効いていなくて痛みを感じてしまうことがあります。一度痛いと感じてしまうと、痛みに敏感になってしまって、患者さんにとっても治療がつらくなってしまいますので、当院では、麻酔が効いたことを確認してから治療に入ります。

痛みの感じ方も、その表現の仕方も人によって様々です。

無痛治療にもいくつか方法がありますので、患者さんや治療内容ごとに、できるだけ痛くない治療を心がけています。また、患者さんとコミュニケーションをとり、できるだけリラックスして治療を受けていただけるように努力しています。

痛みが強い場合や炎症がはげしい場合は、麻酔が効きにくいなど、無痛治療の効果が薄くなってしまいます。歯が痛くなってから歯科医院に行くと、その痛みを取り除くための治療自体も苦痛になってしまいます。

反対に、歯が痛くなる前に予防をしていれば、歯科医院で痛い思いをすることはまずありません。歯が痛くなる前に歯科医院で定期検診を受けて、快適な生活を送っていただきたいと思っています。


笑気ガス吸入鎮静法

「歯の治療は、痛くてこわい!」あなたや、あなたのお子さんもそう思っているかもしれません。
実際にはほとんど痛くない治療でも、患者さんが「痛いかもしれない」と不安に思っていると、本当に痛く感じてしまうこともあります。

不安に思っている状況とリラックスしている状況とでは、リラックスしている方が痛みをあまり感じません。リラックスして治療を受けていただくために、当院では「笑気吸入鎮静法」を取り入れています。

笑気というのは、甘い香りでふんわりと漂ってきますので、それを治療の間、普通の空気のかわりに自然呼吸するだけです。もちろん意識ははっきりしたままで、不安な気持ちや恐怖心を抑える効果があり、ゆったりとリラックスした気分になります。

副作用もほとんど無く、笑気ガスを吸うとすぐに効果が現れ、止めるとすぐに回復するため非常に安全です。

下の写真が笑気麻酔装置です。笑気ガスと酸素ガスをある割合で混合して使用します。

笑気麻酔器全貌

「歯科医院は痛くないし、こわくないんだ!」とあなたやあなたのお子さんに思っていただければ、むし歯を治療したあとの予防を積極的に行なって、これからはむし歯に縁のない人生を送ってくれるかもしれません。


私自身、子供のころ、むし歯の痛さと治療の恐怖に悩まされましたから、子どもたちには同じ苦労をしてほしくないと願っています。私の目の前にある1本のむし歯を治療することだけが大切なのではなく、それ以上に、歯科医院嫌いのお子さんを一人でも減らすこと。そして、将来むし歯になるリスクを少しでも減らしていくことが私の使命だと思っています。


※笑気吸入鎮静法は保険適用です。

静脈内鎮静法

静脈内鎮静法は精神安定剤を静脈に点滴して、歯科治療に対する不安や恐怖を軽減もしくは消失させる方法です。

点滴を始めると、からだが暖かく感じたり、眠くなったりしてきますので、効果が出てきているのがわかります。その後、もうろうとした状態、すなわち、まどろんだ状態が続きます。

この間は治療に関する関心は消え、当然、痛いんじゃないかといった、治療に対する不安や恐怖もなくなってしまっていることが大半です。

全身麻酔と間違われる方もおられますが、静脈内鎮静はあくまでもリラックスさせることが目的で、けして術中、意識がなくなることはありません。

静脈内鎮静法が向いている方

  • 歯科治療に対して恐怖・不安が強い方
  • 長時間お口を開けているのがつらい方
  • 口の中を触られると、えづきやすい方
  • いっぺんに治療を進めたい方

静脈鎮静法の手順

  • 1 処置を開始するまでに、問診などで、静脈内鎮静法が問題ないかを検討します。
  • 2 当日、血圧、脈拍、体温、血中酸素飽和度など、最低限の検査を行います(写真はモニタ装置です)。 モニタ装置
  • 3 体調が悪くないことを確認し、静脈内へ薬液を流せる経路を作ります。
  • 4 点滴を開始し、患者さんの状態も安定していると判断した場合、精神安定剤を注入していきます。
  • 5 治療部位に局所麻酔を行い、治療を開始します。
  • 6 治療中も血圧、血中酸素飽和度などをモニタしながら治療を行います。
  • 7 治療が終了すると、鎮静をさます薬剤を注入します。
  • 8 十分に鎮静から覚めたことを確認してから帰宅していただきます。

費用

当院では静脈内鎮静法を用いた治療はすべて自費治療となります。

健康保険と混同する自費治療は混合治療といい、現在日本では認められていないからです。

静脈内鎮静法の基本料金

1時間までの処置 30,000円+税

(以後、30分増加するごと 5,000円+税)

静脈内鎮静法中に行う治療費用に関してましては別途ご相談ください。

ページの先頭へ戻る