MI できるだけ削らない、できるだけ神経を取らない

できるだけ削らないむし歯治療、MIを当院では行なっています。

MIってなに?

昔は、どんな小さなむし歯でも、むし歯になってしまったところは取り残しを防ぐため、また詰め物がきちんと歯とくっつくように、少し大きめに削って詰める、というのが正しい治療法だとされていました。

しばらくするとむし歯が再発し、さらに大きく削って詰める。
またしばらく経つとむし歯が広がって、神経を取り、かぶせ物をする。
さらにしばらくすると、悪化して抜歯という処置を取ることになります。

これでは、あっという間に歯がなくなってしまいます。

「MI」というのは、Minimal Intervention(ミニマル・インターベンション:最小限の侵襲)の略で、「歯を削る量をできる限り少なくして、今ある歯をできるだけ残す」という考え方のことです。

当院の考えるMI治療

歯科医として一番大事なのは、患者さんの歯を守ることです。
一度歯を削ってしまうと、二度と再生することはありません。また、自分の天然の歯に勝るものはありません。また、たとえむし歯になっても、できるだjけ神経を取らないようにすることが大事です。痛い、しみると感じたら、もう手遅れ、神経を取らないことも多いのです。

そのためにも、そもそもむし歯にならないように、きちんと予防をすること。
そして、もしむし歯になってしまったとしても、二度とむし歯にならないようにできるだけ削らないで治療をすること。
さらに、治療した歯やお口全体の健康を保つために、メンテナンスをすること。
この3つが大切だと考えています。

MIのメリット

MIにはたくさんのメリットがあります。

  • 歯を削る量が少なくてすむので、自分の歯を守ることができます。
  • 詰め物の新しい接着方法や新しい歯科素材の開発が進んだため、歯と詰め物の境目がほとんどなくなり、むし歯が再発する可能性が低くなりました。
  • 白い詰め物を使うので、自分の歯との見分けがつかないほどきれいに仕上がります。
  • 金属を使わないので、金属アレルギーの患者さんも大丈夫です。
  • 従来の審美治療に比べて、低価格で治療を受けることができます。

できるだけ神経を取らない3Mix法とは?

3Mix法というのは、むし歯を極力削らずに、3種類の抗菌剤を塗ってむし歯を無菌化するという、新しいむし歯治療の方法です。これまでは、麻酔をしたり痛いのを我慢しながら削り取るしかなかった深いむし歯や、神経の近くに達してしまったむし歯も、削る量を減らして、3種類の抗菌剤を塗ることで治療できるので、患者さんの精神的、肉体的な負担も少なくて済みます。

3Mix法のメリット

3Mix法でむし歯を治療することにより、以下のようなメリットがあります。

  • 歯を削る量が、これまでの治療より少なくて済みます。
  • 神経を残せる可能性が高くなります。
  • 治療を、短時間で終わらせることができます。
  • 患者さんの精神的、肉体的な負担やストレスが少なくて済みます。

3Mix法の注意点

3Mix法は、痛みのあるむし歯を治療することもできますが、当院では、痛みの程度やむし歯の進行度合い、患者さんのお口全体の状況などから総合的に判断して、3Mix法を行なうか判断しています。

従来のむし歯治療を行なった方が良い結果を得られると判断した場合は、3Mix法をおすすめしない場合もありますので、ご了承ください。

3Mix法のおかげで、むし歯治療に関する患者さんの精神的、肉体的な負担は確かに減りました。しかし、万能の治療法、夢のような治療法はまだ残念ながら存在しません。大切なのは、3Mix法を使わずに済む、初期のうちにむし歯を治療をすること、そして、むし歯にならないように、きちんとケアすることです。

ページの先頭へ戻る