かわい歯科クリニックの基本的考え方

インプラントは、人工歯根とも呼ばれます。

入れ歯だと違和感がある、お食事がしづらいという方には、インプラントをおすすめしています。

インプラント施術例
インプラント歯を埋め込んだ状態   インプラント治療終了後
インプラント埋め込み インプラント治療 インプラント治療終了後

従来の治療

歯が1本抜けた場合

周りの健康な歯を削ってブリッジに

周りの健康な歯を削ってブリッジにします。

歯が数本抜けた場合

入れ歯を固定する針金が、見た目にも機能的にも不快

入れ歯を固定するための針金が、見た目にも機能的にも不快です。

歯が全部抜けた場合

入れ歯がずれたり、食べ物が内側に入って痛かったりします

入れ歯がズレたり、食べ物が内側に入って痛かったりします。

インプラント

歯が1本抜けた場合

健康な歯を全く削ることなく、歯のない部分にインプラントを

健康な歯をまったく削ることなく、歯のない部分にインプラントを入れます。

歯が数本抜けた場合

歯の無い部分に適切な数のインプラントを入れ、固定式の人工歯を設置

針金付きの入れ歯ではなく、歯の無い部分に適切な数のインプラントを入れ、固定式の人工歯を取り付けます。

歯が全部抜けた場合

数本のインプラントを入れ、入れ歯の固定源となる維持装置を取り付けます

数本のインプラントを入れて、入れ歯の固定源となる維持装置を取り付けます。

インプラントの価値とは?

1 安定した噛みごごち

歯の無い場所にインプラントを植えることにより、以前のようにしっかりかむことができます。入れ歯では得がたいこの安定した噛みごごちは歯を失った方でないとわからない辛さですが、この悩みをほぼ解消してくれる方法です。

2 残存歯にまったく負担をかけない

従来の治療方法であるブリッジや入れ歯は必ず、失った部位にいれた歯にかかる負担を残存する歯が負担しなくてはなりません。抜けている部位が多いほど、残存歯にかかる負担も大きくなります。1本程度の欠損でも最低2本以上の残存歯に負担がかかり、使っているうちにその負担のために、支えてきた残存歯に容易にトラブルが発生します。ひとたび、その残存歯が抜けようものなら、治してもまた悪くなるという悪い連鎖は止めようがありません。最終的には全部の歯が抜けてしまうことになってしまします。

 その点、インプラント治療では原則的には抜けた部位のみに治療を加え、それ以外の歯には何の治療も行いません。1本抜歯したからといって、抜けた歯の両隣りの歯を削るようなことは一切ありません。残存する歯に対して、非常にやさしい、すなわち、残存歯を保護する治療方法だといえます。

インプラント治療の欠点とは?

1 手術が必要です

歯を失った部位の顎の骨に、インプラント体と呼ばれる木ねじのようなものを埋め込むためには、歯茎を切開したり、縫い合わせたりする手術が必須です。麻酔も当然行います。手術と聞いて怖くなる方にとっては一つの問題点だと思えます。でも、現在は手術の侵襲が少しでも少なくなるように、いろいろな手術方法や各種器具・器械が開発され、苦痛の少ない手術が行われています。

2 治療期間が少し長めになります

インプラント体が顎の骨に結合するには一定期間が必要となります。上顎では約3ヶ月、下顎では約2ヶ月ほどかかるといわれています。この間はインプラント体が顎の骨に強く結合させるため、できるだけ安静にたもつことが必要といわれています。

3 治療費が高い

新素材・新技術の治療法のため、健康保険には採用しておらず、すべて、自費治療となります。インプラント体およびその部品は高価なものが多く、結果的に高価な治療と言われています。

インプラント治療の費用とは?

当クリニックの治療価格ですが、1本30万円(税抜)~より行っています。もともと、歯周病などが原因で、歯を支える骨が少なくなっている場合、単純に埋め込みだけでは無理で、インプラント埋入にあたって、骨移植あるいは骨の形成誘導を行うこともあり、その場合、費用が別途必要です。

インプラントは自費治療(保険外)になります。ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る