かわい歯科クリニック治療の基本的考え方

あなたは、「痛みだけを止めてほしい」「歯を抜いてほしい」と、痛みが我慢できなくなってから仕方なく歯医者さんに行っていませんか?
痛くなったら、歯医者さんに行って治してもらえばいいと、簡単に考えていませんか?

あなた自身のことなのに、自分のことを粗末にしている人がとても多いような気がします。歯科医は患者さんの歯の痛みをとり、削っては詰め、抜いては入れることの繰り返しです。 これでは壊れていく患者さんに助力しているのと同じことです。

私のクリニックでは、一本の歯が痛んだとき、そして一本の歯を抜くとき、患者さんに「どうしてそうなってしまったのか、 それが将来にどんな結果になるのか」ということに少しでも何か感じて、気づいてもらいたいという想いでお話させていただきます。
そして、その場しのぎでとりあえず痛みがなくなれば、もうそれで大丈夫と考えてしまいがちですが歯が痛くなる原因は、まだあなたの口のなかに残ったままなのです。
原因はそのままですから、齢をおうごとにどんどん他の歯も歯茎も、歯の土台である顎の骨、関節なども悪くなる一方です。
そう、よく耳にするご高齢者のあきらめの言葉“もう年だからしかたがない”。これは原因を放置した結果、長年蓄積したためなんです。

歯や歯ぐきが悪くなるということは、歯や歯ぐきだけの問題ではないのです。長期的に見れば、癌や心臓病、脳梗塞等になりやすくなるという事も分かっていますし、 痴呆になりやすいということも分かっています。

あなたは『悪くなるまで我慢すること』が、何か「医療費の節約」のような気持ちになっているのだと思いますが、実は逆に、非常に大きな損をしているということになるんです。 歯を定期的にケアする人というのは、歯をケアしない人と比べて、生涯に支払う医療費が、約5分の1で済むという統計がちゃんと出ています。

ものごとすべて、結果には必ずそれを引き起こした原因があります。“むし歯になった”、“歯周病で歯が抜けそうだ”、だから歯医者に行くという行動や考え方には、 単に起こった病気(結果)に対して後始末をしているだけだと思いませんか?どうしてこういう結果になったかについて、その原因から見直そうとしない患者さんや歯医者が本当に多いような気がします。

きっちりと原因を見直しして、気づいた時に原因を取り除いておかないと、いずれ繰り返すことになります。

“またむし歯になった”、“また歯茎が腫れてしまった”という嘆きを何度繰り返されるのでしょうか?ただ、繰り返しているのが数年間隔だということに気づいていないだけなんです。1ヶ月ごとにいや、毎週、むし歯になっていたり、歯茎が腫れていたりしたら、どんな無頓着な方でも気づくと思います。時間のマジックに目隠しされているだけなんです。

私は患者さん一人ひとりお口の中で、現在起こっている症状や病気の原因を患者さんとともに探すことから始めたいと思っています。
時間や回数はかかるかもしれませんが、結局は健康への近道だと思います。

ここで、健康という言葉を使いましたが、実は歯や歯茎は全身の健康とも密接な関係があることが知られています。
詳細は別の機会に譲りますが、1本の歯の不調がもとで、からだが歪んだり、ある重大な病気を引き起こしたりしていることも多いのです。

歯の不調で、明日からだが急に動かなくなったりすればどんな方でも歯の重要性を認めていただけるのですが、 数年から数十年後にやっとからだの異変を生じさせるのでは多くの人はこのからだの異変が、実は歯が原因だと考えないでしょう。

私は“よりよき人生はよりよい歯から”(Better Teeth, Better Life)をモットーに、歯とからだの健康に関する有用な情報を患者さんに提供することが、最も重要な歯科医師の責務と考えています。

先ほど述べましたように、歯の治療と称して歯を削ったり、抜いたりする行為は正直、歯科医師の重要な仕事だとは思いません。
それよりも歯もからだも悪くならにようにお手伝いすることの方がもっと重要だと思いますが、皆さんはどう思われますでしょうか?

ページの先頭へ戻る